Take Pictures. Further.(TM) Take Pictures. Further.(TM)
  menuBanPre.gif

2006年6月16日
コダック株式会社
[リリースNo.06-034CPI]


「第27回 コダックフォトコンテスト」入賞者発表

グランプリ賞は芳賀 幸助さんの「化粧」に決定


 コダック株式会社(社長:小島 佑介)は、アマチュア写真愛好家を対象とした写真コンテスト「第27回 コダックフォトコンテスト」の入賞作品196点を発表しました。入賞作品のうちグランプリ賞1点ほか、金賞3点、銀賞9点、銅賞15点、優秀賞45点、デジカメ賞3点の作品計76点は、7月12日(水)から7月18日(火)まで、銀座のコダック フォトサロンにおいて展示します。

  同コンテストは、国内のアマチュア写真愛好家を対象に全国から作品を募るコダック主催のフォトコンテストで、レベルが高い作品発表の場として従来から高い評価を受け、今回で27回を数えます。応募テーマは「自由部門」(スナップ、ポートレート、行祭事などを被写体とした部門)、「ネイチャー部門」(自然風景、花、動物などを被写体とした部門)に加えて「ビギナー部門」を前回より新たに設定し、初心者やコンテストへの応募経験の少ない方の入賞機会の拡大を図りました。また今回、新たに「デジカメ賞」を設け、さらに多くの方が賞を手にする機会をつくりました。

「自由部門」11,284点、「ネイチャー部門」7,854点、「ビギナー部門」3,101点、応募総数22,239点に上った作品より、審査員に写真家の田沼 武能氏を迎えて行われた厳正なる審査の結果、196点の入賞作品が選ばれました。

最も優れた作品に贈られるグランプリ賞には、芳賀 幸助さん(福岡県)の作品「化粧」が選ばれました。田沼氏からは、「画面構成や表現の仕方がずば抜けて上手い」との高い評価を得ています。

 グランプリ賞の芳賀幸助さんには、賞金50万円が贈られます。また入賞作品は、東京・銀座のコダック フォトサロンでの展示のほか、「コダック フォトカプセル97号」誌上、コダックホームページ内コダック フォトクラブのページで発表されます。




<この件に関するお問い合わせ先>
◆ 広報セクション 秋元
TEL (03)5540-2215
FAX (03)5540-2216


<入賞作品展>
「第27回 コダックフォトコンテスト 」の優秀賞以上とデジカメ賞の作品76点は東京・銀座のコダックフォトサロンで展示されます。
●名称 「第27回 コダックフォトコンテスト入賞作品展」
●場所 コダック フォトサロン ギャラリー1・2同時開催
東京都中央区銀座6-4-1東海堂銀座ビル3F  TEL:03-3572-4411
●期間 2006年7月12日(水)〜7月18日(火)
午前10時〜午後6時(最終日午後3時閉館)(会期中、日・祝日も開館)

<上位入賞者と作品>
上位入賞者および作品は次の通りです。(敬称略)
●グランプリ賞〈1名〉(賞金50万円)
(芳賀 幸助) 「化粧」
●金賞 〈3名〉(賞金10万円)
「自由部門」 (伊藤 儀一) 「おしゃべり中」
「ネイチャー部門」 (秋田 陽康) 「深秋」
「ビギナー部門」 (しみず ゆき) 「火渡り」
●銀賞 〈9名〉(賞金5万円/E100VS 50本)
「自由部門」 (高橋 真一) 「里の子供達」
  (下村 いさお) 「桜さくころ」
  (会津 正治) 「冬光」
「ネイチャー部門」 (松村 寛) 「冬木立」
  (須藤 東二) 「月下の棚田」
  (柚木 光明) 「氷柱の下で」
「ビギナー部門」 (駒村 淑美) 「絆」
  (富永 正裕) 「雨支度」」
  (石川 金吾) 「モニュメントの中の演技」
●銅賞 〈15名〉(賞金1万円/E100VS 30本)
「自由部門」 (関原 一輝) 「日向の場所」
  (加藤 千恵子) 「ヤングママと」
  (篠田 幸盛) 「一心同体」
  (門間 至知) 「鮭燻クン」
  (廣瀬 美笑子) 「ファミリー」
「ネイチャー部門」 (荒木 忠義) 「霜彩」
  (野木原 和子) 「淡光」
  (ねつ むつお) 「窓辺」
  (野北 泰司) 「白い舟歌」
  (藤原 茂夫) 「EYES」
「ビギナー部門」 (柿本 順子) 「田植の頃」
  (久保田 稔) 「大あくび」
  (佐々木 洋子) 「湖畔の詩」
  (楜沢 寛) 「だるまさんがころんダァ」
  (渡辺 美紀) 「航跡」


グランプリ賞 芳賀 幸助さんの「化粧」
グランプリ賞
芳賀 幸助さんの「化粧」


このページのトップへ
| |