PRESS CENTER

2021年10月05日

コダック ジャパン
[リリースNo.21-07GC]

コダック、持続可能な印刷の発展を認められ
2021 Pinnacle InterTech Awardを受賞

KODAK SONORA XTRA プロセスフリープレートが
業界をリードするイノベーションとして表彰される

ニューヨーク州ロチェスター、2021年9月27日 – コダックは、非常に要求の厳しい印刷業務においても持続可能性と収益性を向上させるKODAK SONORA XTRAプロセスフリープレートが評価され、Pinnacle InterTech Awardを受賞しました。Pinnacle InterTech Awardは、米国のPRINTING United Allianceの後援による賞で、グラフィックコミュニケーションおよび関連業界に大きな影響を与えると期待される革新的なテクノロジーを表彰しています。

KODAK SONORA XTRAプロセスフリープレートは、既に市場で実証されているコダックのプロセスフリープレートテクノロジーが持つ持続可能性、品質、性能をすべて兼ね備えるとともに、イメージングスピードの高速化や視認性の劇的な改良、ハンドリング性能の向上を実現しています。これにより、印刷会社には持続可能性という決定的な利点だけでなく、幅広い種類の印刷機や印刷アプリケーションにおける優れた性能がもたらされます。

PRINTING United Allianceのテクノロジー&リサーチ担当バイスプレジデントであるJim Workman氏は次のように述べています。「審査員の決め手となったポイントは、プロセスフリープレートの紛れもない利点が、品質や耐刷を犠牲にすることなく、今後の印刷業界の主流となることが明らかになったことです。印刷会社はもう、プロセスフリープレートの導入を検討しないわけにはいかなくなりました」

コダックのプロセスフリープレートは、現像処理に化学薬品、水、エネルギーが不要です。プリプレス段階でこれらの持続可能性のメリットを享受できるだけでなく、KODAK SONORA XTRA プロセスフリープレートを使用すれば、印刷工程での大幅なコスト削減にもつながります。大規模な印刷会社では最大315,000ドルものコスト削減が期待できます。このコスト削減は、プレートの再出力による印刷機のダウンタイムの短縮、印刷前準備におけるミスの減少、および全体的なムダの削減によって可能となります。

イーストマン・コダック社のオフセット印刷事業部門シニアバイスプレジデントであるJohn O’Gradyは次のように述べています。「環境保護への関心の高まり、コスト削減に対する業界内での継続的な圧力、ワークフローの効率化やプリプレス工程の迅速化への要望などにより、現在、プロセスフリープレートに切り替える印刷会社は加速度的に増加しています。KODAK SONORA XTRA プロセスフリープレートの性能と速度が向上した今、プロセスフリープレートに切り替えない理由はありません」

KODAK、SONORAはイーストマン・コダック社の商標です。

  • ※KODAK SONORA XTRAプロセスフリープレートは、日本以外の海外市場で販売している製品で、日本ではSONORA CX2プロセスフリープレートを販売しています。
  • ※本プレスリリースは米国イーストマン・コダック社より2021年9月27日付けで配信された英文のプレスリリースの日本語訳です。

KODAK SONORA XTRAプロセスフリープレート

<この件に関するお問い合わせ先>
  • コダック ジャパン マーケティング オフィス
  • TEL:050-3819-1300
    FAX:03-6863-8340

facebook

Copyright (c) Kodak Japan Ltd. All rights reserved.